Travel News

梨泰院のハロウィン圧死事故のための外国人所有のビジネス資金調達

政治的および法的障壁に何ヶ月も対処した後、外国人所有の事業であるリザーブ・バイ・ノルディック・フロスト(Reserve by Nordic Frost)は、外務省の献身的な職員の助けを借りて、梨泰院クラッシュの外国人犠牲者の家族に 780 万ウォンを寄付しました。 龍山区福祉事務所に280万ウォンを寄付 一方、残りの 500 万ドルは、ベトナム大使館を通じて被害者の家族に直接寄付されました。

梨泰院惨事後のコミュニティ資金の必要性

2022 年 10 月 29 日、ソウルの梨泰院(イテウォン)地区で毎年恒例のハロウィーンのお祝いが行われ、不適切な群衆管理が行われ、159 人が死亡しました。梨泰院はソウル最大の国際地区としてよく知られており、韓国の移民および外国人コミュニティの中心と見なされています。

この悲劇で合計26人の外国人が命を落とし、15人が入院した。その後、政府は葬儀費用を負担するために、各犠牲者の家族に合計で最大 3千5百万ウォンを約束しました。しかし、これは独自の一連の障害につながりました。

故人の搬送と政府支援の配給は大使館の肩にかかっていました。 外国人犠牲者の家族は、言葉の壁、宗教的および文化的な埋葬慣行に対する考慮の欠如、韓国の閉鎖的な銀行システムの問題、および独特の政治状況に関する知識の欠如を報告しました。

追加財源の必要性

特筆すべきは、外国人犠牲者の多くがイスラム教徒を実践していたことです。 宗教的および文化的慣習によれば、火葬は選択肢ではありませんでした。 韓国では火葬が標準であるため、火葬の価格を念頭に置いて資金が割り当てられました。 海外への遺体搬送は、約束した金額を超えることが多い。 さらに、適切な埋葬が行われるには、特定の期間内に遺骨を送り返す必要がありました。 その結果、家族は韓国にとどまり、政府の支援が処理されるのを待つことができなくなりました。

家族が直面したもう 1 つの独特な状況は、ロシアとウクライナの間で進行中の戦争に起因しています。 命を落とした26人の外国人のうち4人はロシア人でした。当時、ロシアと韓国の間のすべての空の旅は中止されました。両国間の輸送手段は週に 1 回のフェリーのみでしたが、死骸を輸送するための適切な設備がありませんでした。これは、ロシアの家族にとって非常に高価で困難な旅行につながりました。

公式チャンネルを通じて必要な支援を間に合わせることができなかったため、多くの家族や友人がソーシャル メディアを利用してコミュニティに支援を求めました。 残念ながら、支援を希望する人々にとって、どの資金調達活動が正当なものであるかを判断することはすぐに難しくなりました。

ノルディック・フロストとコミュニティ資金を集めるための戦い

ありがたいことに、リザーブ・バイ・ノルディック・フロストという外国人所有の事業は、資金調達騒乱に対する解決策をすぐに思いつきました。事業者は直ちに梨泰院圧死事故で命を失った外国人の家族に送金するために集団基金を立ち上げました。

ボランティアがノルディック・フロストのコーヒーを販売し、売上の100%が寄付されました。 1 か月以上にわたって、この小規模ビジネスはコーヒーの売り上げのすべてを寄付し、資金を集めました。しかし、悲劇が政治化されるにつれて、慈善活動を行うことは容易ではないことにすぐに気付きました。

コリアバイミー (KoreabyMe) が募金キャンペーンをウェブサイトで公開した直後に、内務省と公安省から連絡があり、記事を削除するように言われました。リザーブ・バイ・ノルディック・フロストにも連絡があり、資金調達をすぐに中止するように言われました。

ノルディック・フロストとコリアバイミーのスタッフは、外務省と韓国議会に連絡を取りました。ノルディック・フロストが最大千万ウォンの資金調達を継続できることを確認できました。 その間、内務省と公安は調査を受け、複数の職員が解雇されました。

11 月の初めから現在 (2023 年 1 月 19 日) まで、ノルディック・フロストの共同創設者であるジョシュア・ホール (Joshua Hall) とスコット・ヘッカー (Scott Hecker) は、外務省の専任スタッフと一対一で協力して、合法的に 彼らが集めたお金を分配します。

資金配分の詳細

1 月 18 日水曜日、ノルディック・フロストの共同設立者によるリザーブは、ヨンサン(龍山)福祉財団のイ ギョンジク (이경직) 所長と会い、コミュニティが調達した資金で 2百8十万ウォンを個人的に手渡しました。 お金は、悲劇の影響を受けた人々を支援し、支援するために使用されます。

龍山区福祉室長は、資金がさらに集まると、ノルディック·フロストと持続的に協力して資金を配分するということを確認しました。被害者の遺族だけでなく、梨泰院のハロウィン圧死事故の際、病院費が残って怪我をした外国人や資金支援が必要な地域の外国人所有業者もいます。

さらに、5百万ウォンがソウルのベトナム大使館のベトナム国民安全保障局に配布されました。 この資金は、家族が政府の援助を集めるのに苦労しているベトナム人学生の家族に直接送られます。